no title
1: ファイナルカット(埼玉県) 2014/02/26(水) 19:13:16.07 ID:yNKuJPiMP BE:1730904645-PLT(12025) ポイント特典
現在NHKは、受信料不払いの視聴者に対して滞納分を支払うよう求める裁判や、そもそも受契約を結んでいない者を相手に契約を求める裁判を、次々と起こしている。

「受信料不払い」裁判の結果は、本誌が確認できた限りNHKの全勝。だが、「受信契約」裁判のほうは、裁判所によって判断が分かれている。

元来「契約」とは、一方の申し出に対して他方が承諾するという、双方の意思が合致してはじめて成立するもの。
しかしNHKは、「契約締結」の通知書を送りつけるだけで、相手の承諾などなくても自動的に契約は成立する、と考えている。
その根拠は、放送法第64条の「協会(※編集部注:NHKのこと)とその放送の受信についての契約をしなければならない」とする規定だ。

昨年10月の東京高裁判決は、そんなNHK側の主張を全面的に認め、視聴者側が契約締結を拒否しても、通知から「長くても2週間」で契約が成立するとした。

一方、昨年12月の東京高裁判決は、視聴者側に契約を結ぶ義務があることは否定せず、受信料を支払うよう命じたものの、
「双方の意思表示がなければ受信契約は成立しない」との判断を示している(NHKは上告)。

http://wpb.shueisha.co.jp/2014/02/26/25400/

引用元: 【悲報】 PCもNHK受信料徴収の対象へwwwwwwwwwww




スポンサーリンク