1: 名無しさん 2014/03/25(火)13:08:29 ID:Ix3w7xdf0
「永遠に止まらない心臓」 3Dプリンタで開発された次世代型ペースメーカー(米研究)

 正確に、かつ永遠に動き続ける次世代の心臓ペースメーカーが開発された。上記写真はウサギの心臓に取り付けたもので、
伸縮する薄い皮膜がウサギの心臓を覆っている。皮膜には3Dプリンターで電極が印刷されており、電極は心臓の機能をモニターし、
不規則な心臓鼓動を修正する電気信号を送る。

 この心臓ペースメーカーはイリノイ大学の物質科学者、ジョン・ロジャースとワシントン大学の共同研究により開発されたものである。
従来のペースメーカーや、埋め込めない除細動器は、サイズが選べず1サイズのみであったが、今回開発されたものは薄くて伸縮性のある皮膜が
オーダーメイドの手袋のようにぴったりと心臓を覆うようにデザインされている。

 この動画は、ウサギの体から取り出した心臓を栄養素と酸素を豊富に含む溶液につけ、そのまま動かし続けているものだ。
新しいペースメーカーは伸び縮みする薄い皮膜で出来ており、センサーと電極の蜘蛛の巣みたいなネットワークが全面に印刷されている。
心臓が鼓動を打つたびにそれに合わせて縮んだり伸びたりする。

no title


イカソース
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52157431.html

引用元: アメリカで「永遠に止まらない心臓」が3Dプリンターで開発される




スポンサーリンク