検出困難「薬効かぬ菌」西日本で拡大か 大阪の院内感染

05


国立病院機構大阪医療センター(大阪市)で少なくとも患者2人が死亡した大規模な院内感染の原因になった新型耐性菌「CRE」は、通常の検査では検出困難な「ステルス型」と呼ばれる種類だと分かった。5年前に広島県で初めて見つかった新しい型で、治療が手遅れになりやすい特性がある。複



以下省略


http://www.asahi.com/articles/ASG3X45ZFG3XPLBJ001.html?iref=comtop_6_01


スポンサーリンク




この記事に対する反応

記事下にてコメント募集中です!


3: 名無しのかつもく 2014-03-31 12:23:45
やべええええええ

4: 名無しのかつもく 2014-03-31 12:25:37
こわすぎ

6: 名無しのカツ丼 2014-03-31 12:51:36
この菌、無敵やんけ…
(´;ω;`)

7: 名無しのかつもく 2014-03-31 12:53:06
記事ちゃんと読むと、数年前から感染者は居たのね。
日常生活の場所に潜んでる可能性も高いわけだ。

8: 名無しのかつもく 2014-03-31 13:02:59
西日本が危ないのではなくて大都市が危ないのまちがいでは?

11: 名無しのかつもく 2014-03-31 13:16:08
院内で感染するならそうやすやすと病院も行けねーなこれ

12: 名無しのかつもく 2014-03-31 13:16:46
年寄りと子供を持つ身としてはとても心配

9: 名無しのかつもく 2014-03-31 13:04:06
うがい手洗いしとけばだいじょうぶやろ



かつもくのおすすめ!

こちらもおすすめです。


スポンサーリンク