<STAP細胞>ネイチャーが論文撤回へ 研究成果白紙に

47


STAP細胞の論文不正問題で、英科学誌ネイチャーが関連論文2本を撤回する見通しであることが、複数の関係者への取材で分かった。小保方(おぼかた)晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーをはじめとする著者たちは撤回に同意していた。

論文が撤回されると、その研究成果は白紙となる。ただし、出版社や公的な科学論文のデータベースからは削除されず、撤回時期や理由と共に公開され続ける。このため、論文撤回は研究者にとって避けたい不名誉な対応とされる。

一方、STAP細胞が存在したのかどうかを確認するため、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)は現在、STAP細胞の検証実験を小保方氏の助言を受けながら進めている。今夏に中間報告をする予定。



以下省略


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000020-mai-sctch


スポンサーリンク




この記事に対する反応







かつもくのおすすめ!

こちらもおすすめです。


スポンサーリンク