号泣県議、過去にもトラブル 議論ふっけかては謝罪、奇妙な選挙戦…

37


野々村氏の取材を重ねると、奇妙な言動が原因で、過去にもトラブルを起こしていたことが分かった。

議員が担当する常任委員会を決める際、野々村氏は警察常任委を希望したが、希望者が定員を超えたため抽選に。この抽選に外れた野々村氏は、机をたたいて「裁判に訴える」と激高した。さらには「次回は希望をかなえるよう誓約書を書け」と要求し、周囲をあぜんとさせたという。

ただ、当時を知る同市の男性職員も「変わり者だった」と打ち明ける。

 職員によると、同僚や上司に議論をふっかけてはわめき散らし、最後に謝るということが何度もあったという。野々村氏は、今回の会見でも号泣した後、報道陣に取り乱したことを謝罪しており、「変わってないなあ、同僚と話している」と苦笑いを浮かべる。



以下省略


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00000507-san-pol


スポンサーリンク




この記事に対する反応