林家木久扇 喉頭がんで休養発表「より一層おもしろくなって帰ってまいります」

c49e8baee1372d4800e313f2ed6168ce_400


落語家・林家木久扇(76)が21日、初期の喉頭がんであることを公表し、放射線による治療を受けるため、休養を発表した。完治まで1カ月半と見込まれており、秋に復帰する予定という。

 所属事務所からマスコミ各社にあてた直筆署名入りファクスで、木久扇は「私 林家木久扇は7月初旬から喉に違和感があり、声が出にくい状態でしたが、精密検査を受け、初期の喉頭がんとの診断を受けました」と公表した。

 「幸い初期でありましたが、放射線治療による完治まで約1カ月半の予定であり」と説明。治療期間はすべての仕事を休み、治療に専念する意向を記した。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9064502/


スポンサーリンク




この記事に対する反応



2: 名無しのかつもく 2014-07-21 18:51:07
先日の笑点で声出てなかったのは、やっぱりだったのね

4: 名無しのかつもく 2014-07-21 19:47:24
より一層面白くねぇ…
管まみれの点滴まみれの復帰じゃなきゃいいね

5: 名無しのかつもく 2014-07-21 19:50:19
コメントの愛の無さに笑った

6: 名無しのかつもく 2014-07-21 19:55:26
きくちゃぁぁぁああああんんんん!!!!!





かつもくのおすすめ!

こちらもおすすめです。


スポンサーリンク