【絵本】元図書館司書が厳選! 日本の「怖すぎる絵本」8冊

39


夏の定番「怖い話」。真夜中に懐中電灯の明かりだけを灯して、誰かから「怖い話」を聞くのも味があって良いですが、目から入ってくる恐怖というのもまた強烈です。

そこで今回は大人が読んでも怖い、日本の「怖い絵本」8冊をご紹介したいと思います。

1980年初版の『絵本 地獄』(千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵/宮次男 監修)という本が「しつけに最適」とメディアに取り上げられ、突然の大ブームを起こし、累計35万部を突破しました。

皆さんは、えんまが舌をぬいたり、三途の川や赤鬼青鬼、奪衣婆(だつえば)や針の山のことを覚えていますか?『絵本 地獄』は、死んだ五平が生き返り、見てきた地獄の恐ろしさを語る……という内容です。罪人の表情がとても細かい部分まで描かれており、地獄の罰は痛そうで怖そうで、大人でも「悪いことはしないでおこう」と納得してしまう一冊です。もう少しマイルドな表現で「地獄」を楽しみたいと思う方は、『じごくのそうべえ』(田島征彦 作/童心社)という絵本がおススメです。

続いては、「子どもたちに、もっと怖いお話を」と日本を代表する怪談文芸や怪奇幻想文学のプロフェッショナルたちが執筆している、岩崎書店の「怪談えほ ん」シリーズをご紹介します。

まずご紹介したいのは、『ゆうれいのまち』(恒川光太郎/作 大畑いくの/ 絵)。日本ホラー小説大賞作家・恒川光太郎が「ひとりぼっち」をテーマに書いたお話です。

真夜中に友達に連れてこられて、ようやくたどりついた「ゆうれいのまち」。そこに行った子どもは、もう二度と戻ることができません。ゆうれいのまちで暮らし始め、徐々に今までの生活を忘れてしまう男の子の様子が描かれています。花いっぱいの、美しい表紙からは想像もできない、悪夢のようなラストが待っています。

同じく悪夢のようなラストを迎えるのが『悪い本』(宮部みゆき/作 吉田尚令/絵)。あなたに、この世で一番「悪いこと」を教えてくれます。そんな本いらないですか?でもあなたは絶対に「悪いこと」がしたくてたまらなくなるはずです。

また、小さい女の子「マイマイ」が自分の壊れた右目に弟の「ナイナイ」をいれて、不思議な世界を体験するという、美しくも不気味な物語『マイマイとナイナイ』(皆川博子/作 宇野亜喜良/絵)や、街中至る所におばけがはさまっていて、「痛い痛い」とおばけたちがあちこちで泣き叫ぶ様子が描かれている『ちょうつがい きいきい』(加門七海/作 軽部武宏/絵)も、内容はもちろん、絵のインパクトが印象的で、一度読むと決して忘れられない絵本です。

そして何といっても一番おススメなのが『いるの いないの』(京極夏彦/作 町田尚子/絵)。何かの事情で、おばあさんの住む古い日本家屋で暮らすことになった男の子が、高い天井を見上げ「何かいるような気がする」と訴えるストーリーです。

空間の「こわさ」を徹底的に描き出した、子どもには決して見せていけないような気がする一冊です。

ラストは、6歳の少女と日本人形の「なおみ」が一緒に暮らす日常を、谷川俊太郎の文章と沢渡朔の写真で綴られている写真絵本『なおみ』(福音館書店)です。「絵」で描かれている絵本よりさらに、リアルで身に迫るものがあります。

人形って、人間そっくりの姿かたちをしているのに、生まれも育ちも、死にもしないですよね。やがて大人になる時間の流れを生きている、6歳の「わたし」と違う所は、そこなのです。なおみが身につけている古い着物や、舞台となっている古い西洋館、そしていつも微笑んでいる表情が、底知れぬ不気味さを醸し出しています。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9075270/


スポンサーリンク




この記事に対する反応







かつもくのおすすめ!

こちらもおすすめです。


スポンサーリンク