タバコの吸い殻の意外な使い道を韓国の研究チームが発見

38
 


まとめると


韓国の研究チームが、タバコの吸い殻から新充電素材を作り出したという
・吸い殻のフィルタ部に含まれる素材を、窒素加熱することで誕生する
・この物質が、次世代の蓄電装置に非常に適していることが判明した


詳細は以下のリンクから


http://news.livedoor.com/article/detail/9127552/


スポンサーリンク




この記事に対する反応



1: 名無しのかつもく 2014-08-09 15:18:10
ネタ

2: 名無しのかつもく 2014-08-09 15:42:20
韓国てだけで眉唾

3: 名無しのかつもく 2014-08-09 16:00:49
本当なら凄いけど…

4: 名無しのかつもく 2014-08-09 16:09:24
まぁ、実際に商品にしてから、だな

6: 名無しのかつもく 2014-08-09 16:33:15
やるじゃん

7: 名無しのかつもく 2014-08-09 16:46:12
こりゃおぼちゃんやな

8: 名無しのかつもく 2014-08-09 16:49:51
バカじゃねえ?
たまたまタバコのフィルタにも使われていただけで
最初からその材料を量産すればいいだけじゃん
タバコの吸殻なんか再利用したらコスト掛かってしょうがないだろ
この記事は意図的なミスリードを狙っている

9: 名無しのかつもく 2014-08-09 17:04:52
知ってた
灰は普通に蓄電池になるぞ
アルミホイルでロールケーキみたいにすると簡易コンデンサだ

10: 名無しのかつもく 2014-08-09 17:51:17
そんなに優れた素材なら、吸い殻である必要は無いよね、ただの低性能品がリサイクルで作れるかも、というだけ

11: 名無しのかつもく 2014-08-09 20:24:07
吸い殻でなきゃいかんのかと思ったらやっぱりか。

朝鮮だなあ。




かつもくのおすすめ!

こちらもおすすめです。


スポンサーリンク