中京―崇徳、延長45回またも決着付かず 軟式高校野球

top_main-thumb-830x163-2


第59回全国高校軟式野球選手権大会(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社など後援)第6日は30日、兵庫県の明石トーカロ球場で、延長30回までに0―0のまま決着がつかず2日連続のサスペンデッド(一時停止)試合となった準決勝の中京(東海・岐阜)―崇徳(西中国・広島)が午前11時2分に31回から再開され、3日目の戦いに突入。両校、得点を奪えず3日連続で9イニングを超え、さらに45回を0―0で終わり、3度目のサスペンデッドになった。

31日は午前9時、46回から再開。大会規定上、最長54回まで行い、勝敗が決まらない場合は抽選で決勝進出校を決める。決勝は31日午後12時30分開始予定で、三浦学苑(南関東・神奈川)と対戦する。



以下省略


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000020-asahi-spo


スポンサーリンク




この記事に対する反応







かつもくのおすすめ!

こちらもおすすめです。



スポンサーリンク




スポンサーリンク