「花子とアン」期間平均視聴率22・6%

93643


27日に最終回を迎えた、女優・吉高由里子がヒロインを演じたNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」(全156話/月~土曜、午前8・00)最終話の視聴率が22・3%だったことが29日、分かった。同日午前中に発表される期間平均(全話平均)は22・6~22・7%の数字になるとみられ、今世紀(01年以降)の朝ドラ2位の高数字が確実となった。

 同作は「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子さんの明治、大正、昭和にわたる、波乱万丈の半生記。今年3月31日の初回を21・8%で好スタートを切ると、その後も高水準で推移した。週間平均は全26週とも21%超を記録し、最高は7月5日の25・9%。

 期間平均は、01年以降の朝ドラでは02年前期「さくら」(23・3%)に次ぐ2位の数字。大ヒットした13年前期「あまちゃん」(20・6%)、13年後期「ごちそうさん」(22・3%)を上回った。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9302184/