WHO、ナイジェリアのエボラ終息を宣言

32


世界保健機関(World Health Organization、WHO)は20日、ナイジェリアでのエボラ出血熱について、エボラウイルスへの新規感染がない期間が42日間に達したことを受け、流行の終息を宣言した。

 WHOのナイジェリア代表ルイ・ガマ・バズ(Rui Gama Vaz)氏は首都アブジャ(Abuja)で、「(エボラ)ウイルスは差し当たり消え去った。ナイジェリアでの流行には打ち勝った。この素晴らしい勝利は、エボラを封じ込めるかとができることを世界に証明している」と述べた。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9379071/


スポンサーリンク