「日本のマスコミは現地で取材すべき」 テリー伊藤のエボラを巡る発言に批判相次ぐ

36


タレントのテリー伊藤さん(64)がエボラ出血熱の感染拡大を巡ってテレビ番組でした発言が、ネット上で物議を醸している。

「日本の知識がね、全部実は向こうの映像だけをもらっただけなんだよね」

テリーさんは、こう嘆くと、次のようにまくし立てた。

「それこそ、リベリアとかギニアにね、実は日本のスタッフが行って、先ほど言った国境なき医師団の皆さんと一緒に、1か月でも何でもずっと取材にくっついて行って、そういう映像がどんどんどんどん入ってくるんだったらいい
「今はそれこそ予防どうしよう、薬どうしようということは、何かちょっとすごく内的なんですよ」

番組で流した映像も、マスコミでなく国境なき医師団が撮影したものになっている。

そのことを番組内で指摘されると、テリーさんは、「あ、そうですよね」としながらも、「日本のマスコミが行ってですね、こういう映像を撮ってきて、こういうのをリアルにどうだったかということを聞くことがもっと身近に感じると思う」と述べた。さらに、「日本全体がまだまだですね、他人の話で終わっているというのは、すごく嫌なんですね」と苦言を呈した。

この発言が一部メディアで取り上げられると、ネット上では、テリーさんへの非難が沸き起こった。「じゃあお前が行け」などとテリーさんが現場でリポートすべきとの声が出たほか、「エボラ持って帰ってきたらどうすんだよ」「行かなくていい、行ったら帰ってこなくていい」といった危惧も相次いだ。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9408275/


スポンサーリンク