エボラ出血熱の対策不足? 中国からの侵入で「日本は一番危険」の声

48


まとめると


・エボラ出血熱について、国内での拡大阻止が差し迫った課題になっている
・「西アフリカの人々が、貿易で最も行き来するのが中国」と専門家
・「中国が危険地帯なら、日本は世界で一番危険にさらされている」との指摘も


詳細は以下のリンクから


http://news.livedoor.com/article/detail/9413541/


スポンサーリンク