アギーレ監督、告訴へ。有罪ならW杯での指揮は不可能?

32


日本代表のハビエル・アギーレ監督が、八百長疑惑で2日までに反買収委員会によってバレンシア裁判所に告訴される方針だという。スペイン紙『マルカ』が28日に伝えている。

ペイン反組織犯罪対策検事局(日本での特捜部)は、アギーレ監督を含む当時のサラゴサの選手9人が当時クラブの会長を務めていた、アガピト・イグレシアス氏から一人当たり8万ユーロ(約1120万円)の“ボーナス”を受け取っていたと発表し、その額がレバンテに渡ったと踏んでいる。

 告訴されるのはアギーレ監督を含む関係者33人。告訴が成立すれば、同監督や当時サラゴサに所属していたマンチェスター・ユナイテッドのアンデル・エレーラは裁判所に出頭する義務がある。



以下省略


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141128-00010036-footballc-socc


スポンサーリンク