NHK紅白ヒストリー 出演後出禁になった男性アーティスト達

10


今年で第65回を迎える『NHK紅白歌合戦』は数々のドラマを残してきた。その中で、以後出禁になったこんなアーティストも…。

 第36回(1985年)、初出場でトップバッターだった吉川晃司は曲中にシャンパンを口からまき散らすパフォーマンスで仰天させ、さらには歌が終わるとギターにオイルをかけて火をつけるという暴挙に。次に歌うはずの河合奈保子は舞台からソデに戻ってしまった。その次のシブがき隊の出番まで尾を引き、布川敏和がステージで2度転倒。もちろん、この暴挙により吉川晃司は紅白出禁となった。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9610002/


スポンサーリンク