シエラレオネから帰国後発熱=都内の男性、エボラ感染検査―厚労省

54


エボラ出血熱が流行している西アフリカ・シエラレオネから帰国した東京都内に住む30代の日本人男性から、29日に発熱したと保健所に連絡があった。男性は国立国際医療研究センター病院(東京)に入院。厚生労働省は男性の血液を国立感染症研究所村山庁舎に送り、念のためエボラ熱感染の有無を検査する。検査結果は早ければ29日夜に判明する。
 流行国への滞在歴と発熱などの症状があり、エボラ熱の「疑い例」とされたのは4人目。
 厚労省によると、男性は21日まで8日間、シエラレオネに滞在し、23日に成田空港から帰国。29日未明に38.2度の熱が出たため保健所に連絡したが、現在は37.4度に下がった。エボラ熱を発症した場合、通常は高熱が続くという。
 男性の報告によると、エボラ熱患者と直接の接触はないが、17日に患者の埋葬に立ち会い、遺体の入った袋に触った。



以下省略


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000015-jij-soci


スポンサーリンク