吉高由里子が紅白リハで噛みまくり薬師丸ひろ子が背中さする一幕

  aea1b64c


 「NHK紅白歌合戦リハーサル」(30日、東京・渋谷)


 紅組司会を初めて務める女優・吉高由里子(26)がリハーサルでかみまくる“ハプニング”を連発した。


 初の大トリを務める歌手・松田聖子(52)を紹介する場面で“事件”は起きた。司会は人生で初めての吉高は、「まつど、ま、ま、松田聖子さんです」と大トリの紹介で突如、乱れた


 続けて、「せんはっぴゃくはち……。1980(せんきゅうひゃくはちじゅう)年以来、時代のトップを走り続けた…」と1980年に「裸足の季節」でデビューした松田の紹介に苦戦。マイクを口にあて、苦笑いする吉高だったが、一生懸命な姿に会場は和んだ。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9628847/


スポンサーリンク