三代目JSBがレコ大受賞も“やらせ疑惑”が噴出

12


2014年12月30日、『第56回輝く!日本レコード大賞』が発表され、三代目J Soul Brothersが大賞を受賞した。しかしこの受賞に、「ヤラセでは?」との声が噴出している。

 2014年は、最優秀新人賞を西内まりや(21)、最優秀歌唱賞をEXILE・ATSUSHI(34)、 最優秀アルバム賞を竹内まりや(59)がそれぞれ受賞した。

大賞が発表されたのとまったく同時刻に、一部スポーツ紙のニュースサイトが『三代目受賞』の速報記事を掲載。事前に大賞受賞を知っていたことは明らかで、ネット上では〝おかしくない?〟と疑問の声が出ていました」

この〝出来レース疑惑〟も影響してか、三代目の受賞についてはネット上で

「レコード大賞受賞おめでとうございます(*^^*)」

「三代目JSBがレコード大賞取ってくれて、ATSUSHIさんも受賞してくれてめっちゃ嬉しい」

 と、ファンによる喜びの声が上がる一方で、

「なんでこれが大賞か意味が分からん」

「こんな聴いた事もない曲が大賞か。事務所の力って凄いな」

「曲さえも知らないCDが大賞になるとは…。評価基準が知りたい」

「レコ大とか歌関係の賞ってだんだん重みがなくなってきた感じがする」

 といった批判も殺到
してしまった。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9631401/


スポンサーリンク