ほんやくコンニャク実現か、グーグルが同時翻訳アプリを発表

20130221_429806


 グーグルが翻訳アプリをアップデートすると発表しました。このアップデートは自動的に話される言葉を認識しテキストにするシステムを含んでいます。つまり、翻訳アプリはもう会話を通訳できるのです。

2013年の7月グーグルは、遅延なしで「ほぼ完璧に近い」翻訳を届けることが近いうちに出来るだろう、と発表しましたが、今回のアップデートは、話者の言葉がメジャーな言語であれば、それを認識し自動的にテキストにしてくれるものです。

グーグルは、アンドロイド携帯を持つユーザーだけで1億ダウンロードされることを見込んでいます。毎月5億人がGoogleウェブページの翻訳機能を利用し、そのうちの80~90%が10個の主要言語に集約されるため、10個の言語に対応しているだけでも、大多数の人間にとって役に立つでしょう。

 リアルタイムで異言語コミュニケーションが出来るステージは、未来がいよいよ我々の手元にまで近づいてきたといった感があります。さらにウェアラブルデバイスとも組み合わされることも予想でき、今後10年で海外旅行を一つとっても、大きく活動スタイルが変化することは間違いなさそうです。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9665899/


スポンサーリンク