インフル全国「警報」レベル…さらに拡大恐れ

32


国立感染症研究所は16日、今月11日までの1週間のインフルエンザの患者数が1医療機関あたり33・28人となり、今季初めて全国平均で警報レベル(同30人)を超えたと発表した。

 昨シーズンよりも3週間早く、厚生労働省は、流行が今後さらに拡大する可能性があるとみて、注意を呼びかけている。

 感染研によると、全国約5000か所の定点医療機関からの報告に基づき推定した今月5~11日の受診患者数は約206万人。

 1医療機関あたりの患者数を都道府県別でみると、最多の宮崎(76・42人)をはじめ、沖縄(62・98人)、熊本(57・23人)、福岡(54・29人)、長崎(50・86人)など九州、沖縄で特に大きな流行となっている。



以下省略


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00050096-yom-soci