生田斗真、小栗旬の「面倒くさい」性格に本音をポロリ 「自分から言わないのは、下手だな」

06


15日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)で、俳優・生田斗真が、小栗旬への本音を明かした。

 生田によれば、ふたりはドラマ「花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~」(フジテレビ系)で共演して以来、互いの実家を行き来するほどの大親友だという。

 番組は、ふたりが居酒屋で酒を酌み交わすようすをVTRで紹介した。リラックスした生田は、小栗に「飲みの誘い方が回りくどい」ともらし、メールでのやりとりを明かした。

 あるとき生田は、小栗からの「どんな感じ?」とのメールに「今仕事終わったとこ」と返信したそう。その後、小栗は「明日は?」「そうなんだ」と遠まわしな文面ばかりを、何度も送ってきたという。生田は「飯行きたいんだろうな、この人」ともらし、目の前の小栗に「自分から言わないのは、下手だなって思う。誘い方が」とツッコミを入れた。

 小栗は苦笑いしながら指摘を認め、「断られるのが嫌なんだよな、たぶん」「優しくされたいくせに、突然優しくされると、拒絶しちゃう。天邪鬼なんですよね」などと自身の性格を分析した。

 スタジオで映像を見ていた有吉は、途中「面倒くせえなあ」と、小栗にツッコミを入れていた。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9682149/