AKB48の勢いは落ちているのか?iTunesの売れ行きで検証してみると…

18

45


CDシングルの売上枚数ばかりが注目される日本の音楽業界だが、CDシングルランキングは、アーティストの人気ランキングとイコールとは言い難い状況となっている。CDシングルランキングからは、名を連ねているアーティストが今世間にどれだけの影響力を持っているかを測ることが難しくなってしまった。

 そんなCDシングルランキングで毎回ミリオンセラーを記録し、ぶっちぎりの勢いと評されるのがAKB48である。毎年CDシングルランキングで勢いを評価すると「毎年ミリオンセラーを記録」しているので、長年ずっと人気を維持しているように見える。しかし、果たしてそれは本当なのか?という疑問の声は少なくない。

グラフを見ると分かるように、2013年初頭に発売された「So long!」では約8万ptあった指数が、2014年の最新作「希望的リフレイン」では約2万ptまで落ちている。指数の推移から判断すると、2013年初頭の約1/4まで勢いが落ちていると言える。



以下省略


http://blogos.com/article/103745/