コロプラ期待の新作!!東京カジノプロジェクト、事前登録スタート!!
【関西の議論】打倒ハーバード? 京大の?超々?難関入試 総長のラブコールに有名進学校は…

33


 「自由の学風」を伝統とし、数多くのノーベル賞受賞者を輩出している京都大が、来春の入学者を対象とする平成28年度学生募集から「特色入試」の本格導入に踏み切る。

 特色入試で京大が求める学生は、これまでのようにどの科目でも学力が高い?優秀な学生?ではない。特定の分野に偏っていても卓越した能力を発揮する「とんがった人材」(大学関係者)だ。京大生もびっくりするような超難問が並ぶ。一般入試を受けた方が比較的スムーズに合格できるようにも思える特色入試。果たしてどれくらいの受験生が挑むことになるだろうか。(前田武)

 京大の特色入試は、試験を受けるための条件からして難関だ。受験資格は学部によって異なるが、例えば、数学や物理など国際科学オリンピックで銅メダル以上やTOEFL(トーフル)(iBT)83点以上の英語力といったものがある。

 昨年12月に公開されたサンプル問題によると、理学部では4時間かけて数学の難問4問を解かせる試験で数理的理解力や問題解決力、論理的思考力を評価する。

 このほか、人文科学や社会科学についての文献や図表を読んだ上で英文を和訳させたり数百字ほどで論述させたりするなど、いずれも高度で独創的な内容となっている。

 出願要件や選抜方法は学部によってさまざま。ほとんどの学部で受験生はセンター試験の得点で基礎学力が判定されるとともに、超難問に挑むことになるが、問われるのは学力だけではない。

 日本のトップ大学が取り組む入試改革は果たして実を結ぶだろうか。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9823649/