コロプラ期待の新作!!東京カジノプロジェクト、事前登録スタート!!
グーグル開発の人工知能、その名も「DQN」 ネットでは「命名事故?」「奇跡的」

52


 米国のIT大手グーグルが、画期的な人工知能を開発した、と26日号の科学情報誌「ネイチャー」(電子版)で発表しました。その名も「DQN」。「DQN(ドキュン)」とは、「偏差値が低く、常識がない」という意味の日本のネットスラング。グーグル肝いりのプロジェクトだけに、世界中のネットユーザーの間で「ドキュン」が浸透するかもしれません。

 他企業が開発している既存のAIは、単一の目的に特化されているものが多くありました。それに対してDQNは、 「得点が最大になるような行動を選ぶ」「データから対象物の特徴をとらえる」などの学習機能を組み合わせることで、様々な課題にゼロから取り組んで成果を上げられるのが特徴です。

 DQNという名前は、 「ディープQネットワーク」という人工知能システムの略称。子会社「ディープマインド」の名前に由来するとみられます。

 今回の発表に対し、 ツイッターではさっそく「すごく頭が悪そう…」「奇跡的な名前」「命名事故?」といった投稿が相次いでいます。



以下省略


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000001-withnews-sci