コロプラ期待の新作!!東京カジノプロジェクト、事前登録スタート!!
南野陽子、悩み告白「芸能界辞めたい」

14


 女優の南野陽子(47)が3日、テレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」に出演。「芸能界を辞めたい」と打ち明け、共演者を驚かせた。

 「吐息でネット」や「はいからさんが通る」などのヒット曲でアイドル歌手として芸能界デビューした南野だが、もともと「歌手になるつもりは一切なかった」という。学生時代にスカウトを受けたことが嬉しくて浮かれていたところを、家族が早とちりして学校の教師に相談したことから話が広まり、引くに引けない状況になってしまったという。

 いつの間にか入ってしまった芸能界に、南野は「あんまり芸能人に向いてないな、って今更ながら……」「どうしたらいいんでしょう?」と共演者らに突然の人生相談。デビューした時からずっと、辞めることを考えていたが、女優としても活躍するなど売れっ子に。しかし女優業についても「役になりきれてないな」と、自身ではしっくりきていないことを明かし、さらにバラエティ番組等に呼ばれても、話すことがなく「本当に辛くって…」と吐露した。

 現在も芸能界に残っていることについては「辞めどきを失ってしまった」とし、今でも「8割くらい、常に辞めたい」と思っていることを明かした。



以下省略


http://news.livedoor.com/article/detail/9849516/